頸椎椎間板ヘルニアは検査で判明~検査を受けて正しい治療を~

看護師

MRIと神経内科

医者

MRIを利用します

椎間板ヘルニアは、椎間板があるところであれば、どこでも発症する可能性があります。なかでも頸椎椎間板ヘルニアは、発症率が高いことが特徴です。これに対して胸椎の場合には、椎間板ヘルニアの発症率が、頸椎よりも格段に低くなっています。これは、胸椎と頸椎の解剖学的な構造の違いが、原因になっています。こうした発症率の高い頸椎椎間板ヘルニアは、上肢に神経症状が起こることが多くなります。そこで医療機関では、頸椎椎間板ヘルニアの検査として、MRIを実施することが多いのです。MRIは、骨を描写することも出来ますが、神経を描写することが可能な検査法です。頸椎椎間板ヘルニアの場合は、椎間板による神経根の圧迫の程度を、検査する必要があります。その点でMRIは、椎間板による神経根の圧迫の程度を、的確に描写することが出来るのです。そのため頸椎椎間板ヘルニアでは、MRIを利用する機会が多いのです。

的確に行ってくれます

そうした頸椎椎間板ヘルニアにおける、MRIによる検査が得意なのが、医療機関では神経内科です。神経内科は、神経の関わる疾患の診断と治療を行うことを、専門にしています。例えば、以前までの脳梗塞の治療は、手術療法を行うことが、現在よりも多い傾向がありました。これに対して現在の脳梗塞の治療は、手術療法を行う機会が、少なくなっているのです。こうした脳梗塞の、手術療法以外の治療を行うのが、神経内科です。画像診断を行うためには、何度も画像の読影を行うことが、医学の世界では重視されています。何度も画像の読影を行う理由は、異常のない状態の画像との違いを、発見する能力が培われるからです。そのうち神経に関わる画像の読影の訓練を、神経内科では日々行っているのです。したがって神経内科を選択すると、頸椎椎間板ヘルニアのMRIによる診断を、的確に行ってくれます。

成人した後にできる腫瘍

医者

胸腺腫瘍は胸骨の裏側にある胸腺にできる腫瘍のことです。成人になって胸腺が退化した後に発生します。胸腺腫瘍には、増殖するスピードが遅く胸腺の外に広がることがほとんどない胸腺腫と、増殖するスピードが急速で他の部位に転移することもある胸腺がんの二種類があります。

詳しくはコチラ

治療が必要になったら

先生

糖分の多い飲食物に囲まれた現代人がなりやすい糖尿病は厄介な病気です。小岩で糖尿病に悩んでいるのならば、専門医に相談して投薬や生活習慣の改善をしていくと、辛い症状を軽くし、健やかに暮らしていくことができます。

詳しくはコチラ

くも膜下出血の予防方法

先生

くも膜下出血を未然に防ぐためにはMRIなどの画像診断で脳動脈瘤を早期発見することが大切です。脳動脈瘤が見つかった場合には、クリッピング法やコイル塞栓術などの手術を行うことで破裂を防止することができます。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 頸椎椎間板ヘルニアは検査で判明~検査を受けて正しい治療を~All Rights Reserved.